夏服メンズマガジン

夏のメンズファッション・コーデ情報!

夏ファッション

40代-夏のメンズファッション

夏ファッションは清潔感を意識することで40代の素敵な男性をアピール

2016/06/09

「40代の男性」というと、みなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。芸能人でいえば、福山雅治さんやSMAPの木村拓哉さんなど「おしゃれ」なイメージが定着している人たちも40代です。

あんな素敵な人になりたいなぁ…なんて思ったことのある人もいるかもしれませんね。もちろん持って生まれたものに違いがあるわけですから、芸能人とまったく同じにはなれません。しかし、取り組み次第で芸能人のような「素敵な男性」に近づくことは十分可能ですよ。

最近暑い日が続き、街では半袖の人を見かけることも多くなりました。これから本格的な夏が始まるにつれ、夏ファッションの人も更に増えることでしょう。

さて、40代になって「素敵な男性」になりたいと思っているあなた、夏ファッションのポイントは何だと思いますか?アイテムの選び方や合わせ方ももちろん重要ですが、それよりも重要なことがあるのです。

それはずばり、「清潔感を意識する」ということです。年齢を重ねれば、どうしても加齢臭や皮脂などが気になってきますよね。洋服も同じで、時が経てば古く、廃れていくものです。ここでは、40代男性の最大ポイント「清潔感」を意識した夏ファッションについてお話ししていきましょう。

トップスの首回りや色褪せ具合をチェック

夏ファッションの定番である「Tシャツ」や「ポロシャツ」ですが、それはいつ買ったものですか?たとえ今年買ったものだとしても、ほぼ毎日のように着ていませんか?

Tシャツやポロシャツといったアイテムは、洗濯や紫外線などで傷みやすいものです。何度も着ているお気に入りのアイテムほど、どうしても早く傷んでしまいます。首回りがヨレていたり、色褪せてムラになっているアイテムは「清潔感」とはほど遠いアイテムだと言えるでしょう。

お気に入りのものこそ、あまりヘビロテしないようにしたいですね。

40代男性は「足元」の清潔感を忘れずに

そして、意外と忘れがちなのが「足元」です。夏に合わせる靴もいくつかありますが、毎日同じ靴を履いているという人もいるのではないでしょうか。

40代男性の夏ファッションでは、定番である「サンダル」よりも「スニーカー」や「スリッポン」、「エンジニアブーツ」などのほうがおすすめです。サンダルはとても楽ですが、40代男性では「ラフすぎる」「カジュアルすぎる」のです。決してダメというわけではないのですが、サンダルをおすすめしないのは「清潔感が保てない」というのも1つの理由です。

シンプルにまとめすぎるのもあまりよくありませんので30代男性の夏ファッションは遊び心を取り入れるで紹介しているアクセや小物を取り入れると、まとまったコーデになり、ほどよく「はずす」ことができます。

男性のサンダルは女性ものと違ってヒールがあるわけではありません。すると、サンダルを履くとほとんどが見えませんよね。目に見える部分が少なく、素足で履くサンダルはなんとなく「汚そう」「臭そう」というイメージを持たれがちなのです。もちろん海やバーベキューなどの時はサンダルが活躍しますが、そうでない時にはキレイに磨いた靴や汚れていないスニーカーが40代男性の魅力を更に引き出してくれるでしょう。

40代は汗をかくことも考慮してコーデをする

夏は暑く、汗をかく季節です。汗は誰でもかくものですが、汗をかいても「さわやかに見える人」と、残念ながら「そうでない人」がいるのは事実です。同じ40代男性でもそうですよね。

この、汗をかいてもさわやかに見える人というのは、汗をかいても回りを不快にしないようインナーなどを着用していることが多いです。夏は汗で洋服が肌に張り付きます。たまに、汗で男性の肌や乳首が透けていることがありますよね。汗をかくことは仕方がないとしても、やはりこのような状態から「清潔感」を感じることはできません。汗をかきやすい人はマメに汗をふくことはもちろん、通気性のいいインナーを着用することも忘れないようにしましょう。

夏ファッションの「清潔感」は、目に見えない部分の努力や心がけも大切なのです。

ある程度着なれたTシャツに七分袖のシャツ、細身のパンツというスタイルは、40代男性の夏ファッションの定番でありながら清潔感をアピールすることのできる、おすすめの夏コーデです。

-40代-夏のメンズファッション