夏服メンズマガジン

夏のメンズファッション・コーデ情報!

30代男性のファッション

30代-夏のメンズファッション

30代男性のファッションにおすすめ!知的な雰囲気溢れる夏コーデとは?

2016/05/30

30代になると、「なりたい自分」のイメージが確立していることと思います。どんな自分になりたいか、回りからどんなふうに見られたいか、あなたにも「理想」とするイメージがあることでしょう。

たとえば、スーツが似合うような「知的な雰囲気」のある大人の男性に憧れているという30代男性も多いのではないでしょうか。とはいえ、プライベートにスーツを着ている人などいませんよね。特に夏は、スーツのような堅苦しいファッションは着る張本人はもちろん、回りで見ている人も「暑苦しい」と感じてしまうかもしれません。
では、知的な雰囲気溢れる大人の男性になるためには、どのようにコーディネートすれば良いのでしょうか。ここでは、30代男性におすすめの「知的な夏コーデ」をご紹介します。

白シャツにネイビーのパンツを合わせる

清潔感のある白いシャツは、30代男性におすすめのアイテムの1つです。これ1つで、30代男性に欠かせないポイントでもある「清潔感」を手に入れることができますよ。
そして清潔感だけでなく「知的な雰囲気」を出すためには、白いシャツに「ネイビーのパンツ」を合わせてみましょう。ネイビーは今年のトレンドカラーでもあるので、自然に取り入れられればおしゃれ度も上がりますよ。

シンプルなコーデには「白」と「黒」を合わせるイメージがありますが、ここで紹介するのは「黒」ではなく「ネイビー」です。
ネイビーは黒より明るみのある色なので、柔らかみのあるコーデにすることができます。夏に黒は暑苦しく感じる人もいるかもしれませんが、ネイビーならその点も安心ですよね。この「白×ネイビー」という組み合わせは、知的で大人っぽい雰囲気が漂うコーデでもあります。きちっと感をよりアピールしたい時はネイビーのパンツは「ロング丈」のものを、若干カジュアル感を出したいときには足首が見えるくらいのクロップドパンツにすると良いでしょう。

暑さを感じさせない、爽やかな知的コーデ

では次に、きちっとしているのに暑苦しくない、爽やかな知的コーデをご紹介しましょう。

五分丈のテーラードジャケットにVネックのカットソー、そしてストレッチの利いたシンプルなデニムを合わせるというものです。夏にジャケットなんて暑くて着られない!と思うかもしれませんが、クール素材のものを選べば通気性も良いので暑苦しくありませんよ。
「暑苦しさを感じない」ためには、色選びも重要です。ジャケットはやはり黒ではなく、グレーあたりが良いでしょう。インナーのカットソーも、Vネックなので胸元が苦しくなく、涼しげに見えます。デニムはすっきりとしたシルエットを意識したいので、濃い目の色の、細身のものにしましょう。

きちっとしたコーデなのに夏らしい爽やかさもあり、なおかつ知的な雰囲気も溢れるおすすめの夏コーデですね。テーラードジャケットを半袖ではなく五分丈のものをチョイスするところが、「大人っぽい」30代におすすめのポイントです。半袖は子供っぽく見えてしまうこともあるので、ジャケットは五分丈のものをおすすめします。

30代は「清潔感」を忘れないように

どんなコーデでも、「清潔感」を忘れてはいけません。たとえ上記で紹介したような知的で大人っぽいコーデであっても、そのコーデに「清潔感」がなかったら意味がありません。

シャツの襟が黄ばんでいる、カットソーの首もとがヨレている、色褪せている、デニムの裾がほつれている、などはありませんか?汚れのあるアイテムでは、いくら知的な夏コーデをしても残念な結果になってしまうことは否めません。
きちんと清潔感のあるコーデを意識して、30代ならではの大人っぽい知的な雰囲気溢れる夏コーデを楽しんでくださいね。

-30代-夏のメンズファッション