夏服メンズマガジン

夏のメンズファッション・コーデ情報!

シャツ 男性

30代-夏のメンズファッション

チェックシャツの着こなしは30代男性の夏の定番!

30代になって、みなさんはどんなファッションをしていますか?特に夏は暑いため、ファッションは薄着がメインになります。Tシャツにカーゴパンツ、といった楽なファッションばかりをしているという人もいるのではないでしょうか。

もちろん家では楽なファッションをしていても問題ありませんが、外出するときはそれではいけません。やはり30代には30代にふさわしいファッションをしたいものですよね。毎日気合いを入れてコーディネートしよう!と言っているわけではありません。しかし、見た目が適当になると一気にだらしなく、老けて見えてしまうというデメリットもあるのです。30代男性でいかに若々しく毎日を過ごすかは、ファッションなどの見た目に気を配ることでもあるのだと思います。

さて、夏の定番アイテムの1つに「チェックのシャツ」があります。チェックの格子の大きいものや、細かいギンガムチェックなど一言で「チェックのシャツ」といっても様々です。ここでは、そんな定番のチェックシャツの、30代男性におすすめの着こなし方をご紹介しましょう。

青系のチェックシャツでコーデに「抜け感」をプラス

今年の夏ファッションの傾向として、「キメすぎないコーデ」というのがあります。おしゃれをしよう、かっこよくなりたいと思えば思うほど、「キマリすぎたコーデ」になってしまうのです。

簡単に言えば、気合いが入りすぎているということです。もしもこれが女性とのデートだったりすると、「あの人気合い入りすぎててなんかイタイよね…」と言われてしまうでしょう。また、きちっとした気合いの入りすぎたコーデは夏では「暑苦しく」見えてしまうというデメリットもあります。そうならないためにも、ほどよく抜け感のある「キメすぎないコーデ」を意識したいものです。

そんな「キメすぎないコーデ」におすすめなのが、チェックシャツです。ここでは格子の大きめの、青系のものを選ぶと良いでしょう。青系は爽やかさもありますから、30代男性の夏コーデにはおすすめのアイテムですね。半袖のシャツだと子供っぽく見えてしまうこともあるので、七分袖のものをまくって着ると大人っぽさも出すことができます。

ギンガムチェックは黒系をチョイス

格子の細かい「ギンガムチェック」も、夏ならではのアイテムですよね。先ほど格子の大きめなチェックシャツは「青系」がおすすめだという話をしましたが、ギンガムチェックの場合はおすすめは黒系です。

青系のギンガムチェックは、着る人によってはパジャマのように見えてしまうからです。黒系をチョイスすれば、30代でもかっこよく着こなすことができますよ。

ギンガムチェックのおすすめの着こなし方は、ボトムにインすることです。このとき、ロングボトムよりもクロップド丈パンツやジョガーパンツを選ぶと若々しく、男らしくまとまりますよ。

黒系のギンガムチェックシャツを、白系のボトムと合わせると「色のメリハリ」もつくのでコーデのバランスが良くなります。

30代はコーデ次第で「若く」も「おじさん」にもなれる

30代という年代は、コーデ次第で「どんな自分」にもなれる特別な時期でもあります。たとえば若々しいコーデも似合いますし、その一方でチョイスするアイテムやコーデの方法を間違えれば「おじさん」にもなれてしまうのです。

自分から「おじさん」になりたい人などいませんよね。ここで紹介したチェックシャツも、着こなし方を間違えればおじさんくさくなってしまうので気を付けてください。若々しさを出すためにも、自分に似合う「チェックシャツ」を選ぶことも大切ですよ。上手に着こなして、素敵な30代の夏にしたいですね。

-30代-夏のメンズファッション